H31.3.17 奈良ジュニアオープン(ぱんだこぱんだの部屋)

03.22

ぱんだこぱんだの部屋

3月17日(日) ジェイテクトアリーナにて、
第一回奈良ジュニアオープン大会に参加させていただきました。
関係者の方々、大変お世話になりました。

2週間前の新庄ジュニアカップに続き、4年生以下だけでの参加です。

●大会結果

 

●リーグ戦
7-2 × vs 真菅21
6-6 △ vs HJ★BROS
3-7 × vs 浜脇ファイターズ
4-3 ○ vs 香芝カッシーズジュニア

●トーナメント
5-7 × vs 生駒サウスファイターズG

 

今日のジュニアは、予選リーグ4戦でキャッチが26本!!
素晴らしい守備力を発揮してくれました。
攻撃陣も、サインを確認したり、意思の疎通の大切さを学べたり。
沢山の事が得られたリーグ戦。
勝ち点では同率2位。内野数1人差で3位通過でした。

 

この勢いのままでと挑んだトーナメント戦でしたが、
自分たちがしたいこともできず…敢えなく一回戦敗退。

 

ミーティングで染川コーチに言われた言葉。
『一人がしたい、しようと思ってる事に、他の七人がどれだけ協力できた?』
『団体競技の醍醐味であり、難しい事でもある』

 

経験、試合慣れ、足りないことは沢山ありますが、
一人一人がチームがしようとしてる事を理解して、
その中で自分ができる事を見つけて、
全員が同じ方向を向いてる事の大切さ。
いつも言われてる事ですが、少しずつでも響いてくれたら…
今後の子供たちに期待です。

 

今日で4年生にとっては、最後のジュニアの大会となりました。
大半のメンバーは、入部1年未満。この1年で大きく成長しました。
ドッジの技術面でも、それ以外でも。

 

アップの声出し、最初のバンビカップでは、
6年生に付いてもらって、1から教えてもらってましたね。
体育館の掃除も、部の荷物持ちも、5、6年生の後に付いていってる状態。
でも、今日は違いました。

 

沢山アップしてるチームの中でも、
『あ、うちのチームはあそこでしてる』と分かる位声も出てました。

閉会式終わり、走ってモップを取りに行き、
部の一番重たい荷物は、3年生と1年生が協力して持っていきました。

上級生の事を見て、助言を聞き、ここまで成長できたんだなぁと、
小さな小さな背中が、とっても逞しく感じた瞬間でした。

 

今日も、卒業式の後の忙しい中、駆け付けて下さった保護者の方や5年生に感謝です。
みなさんの支えがあっての今日があるということに、改めて感謝します。

 

今日の大会で出来た事は自信を持って、出来なかった事はこれからの課題として、
日々の練習に意識的に取り入れて、来年度からの新チーム、頑張って行きましょー!

まだまだ伸びるよボンキーズ‼️

 スポンサードリンク

 

関連記事

クラブのお問い合わせ先

〒631-0061
奈良市三碓3丁目10-24
森内 敏美 監督

お問い合わせはこちら

相互リンク依頼はこちらまで
当サイトに関するお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る