R1.12.1ガールズ全国大会(ひろほんめいの部屋)

12.02

ひろほんめいの部屋

いよいよ決戦の時がやってきました。
早朝4時40分、大型バスでいざ出発!です。
途中、長島サービスエリアで休憩を取った後、
7時20分愛知県豊田市豊田スカイホールに無事到着。
選手はそのままアップへ。

 

8時30分、いよいよ会場へ。
体育館の扉を開けるとまず目に飛び込んできたのは憧れのカラーコートです。
それは、素人目に見てもとても鮮やかで輝いて見えました。
そして、みすまる⭐スマイルの13人は
その憧れのカラーコートに今まさに自分の足でたっているのです。

 

そして、いよいよ予選リーグ開始です。

第1試合 VS  琉球ガールズ美ら 11-8○
第2試合 VS  東京ガールズ 10-7○
第3試合 VS  DragonGirls ☆長野 7-9×

 

全国大会という初めての雰囲気にも負けずに二連勝と好スタート!
三戦目は2連勝のみすまるは油断している訳ではないだろうけど
応援空しく苦杯に終わった。

しかしながら、2勝1敗の2チームでの内野数差で予選リーグ1位通過が決定。

 

さあ、ここからは負ければ後が無い決勝トーナメントです。

第1試合 VS 紀らら☆エンジェルス 7-4○

決勝トーナメントすなわちベスト16に進んだ関西勢は
奈良県代表のみすまる⭐スマイルと
和歌山県代表の紀らら☆エンジェルスのみ。

皮肉にもお互い練習試合を繰り返してきたチーム同士での戦いとなりましたが、
みすまる応援団の勢いそのもので勝利を納める事が出来たのでした。

 

第2試合 VS 三河ぽてこTMガールズ 8-8△ Vボイント  7-8×

ここで勝てばメダル確定の場面でしたが、
大応援団の声援空しく惜敗。

その瞬間、みんなの目に涙が。
しかしながら、とても素敵な涙でした。

 

帰りのバスの中で、子供たちがマイクを持って口々にしゃべっているのを
優しく眺めている監督の顔がとても輝いて見えました。

 

そして、関西ナンバーワンガールズチームてある「みすまる⭐スマイル」の経験は
必ず我が三碓ボンキースの全員に希望と勇気、そして、自信を与えてくれたものと信じて、
次なる目標である春の奈良県大会優勝に始まり、
その先の全国大会で必ず全員がカラーコートに再び足を踏み入れる
というイメージが目に浮かんでいるのは、きっと私だけではないと思います。

 スポンサードリンク

 

関連記事

クラブのお問い合わせ先

〒631-0061
奈良市三碓3丁目10-24
森内 敏美 監督

お問い合わせはこちら

相互リンク依頼はこちらまで
当サイトに関するお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る